(MAPはページの下の方にあります)

今なぜ人形劇なのか

むかし、むかしのおとぎ話には子供に大切な栄養がたっぷりと詰まっています。
その栄養を子供たちに胸いっぱい吸収してもらうためには、どんな味付けをすればいいのでしょうか。

本を読んで聞かせてあげても伝わりにくかった難しいテーマも
目の前で可愛いお人形達がお芝居を演じることで
子供達は知らず知らずのうちにお話の世界に入り込み
それを理解していくことが出来るのです。
テレビでも絵本でもない“体験”こそが
等身大ぬいぐるみ人形劇の
最大の魅力です。


私たち「劇団どんがら座」は

「マジンガーZ」などでお馴染みの漫画家・永井豪と
その親友である海阪雄藤が昭和51年4月に設立した等身大ぬいぐるみ人形劇団です。

オリジナル作品である「どんがら三銃士の大冒険」を処女作に
国内外の良質な昔話の脚色に務め
現在では40本以上の作品を演目化しています。


座長より

育っていく環境や風土が違っても、
世界のどこでも家族を結ぶ愛情は変わることはありません。

親子の伝達、交流を基に、
その時代を豊かに生活していく力を
つけていくことは親たちの希望であり
子供の成長を確かにする保障ともなります。
劇団どんがら座が、21世紀を担う子供たちにほんの少しでも役に立ち
彼らの魅力ある人間像の想像に寄与できれば
本当に嬉しいことだと
思っています。


どんがら座/事務所までのMAP

(1)西武池袋線、椎名町駅から徒歩の場合↓

(2)車でおいでになる場合↓



ホームへ   作品紹介